スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
再放送「創聖のアクエリオン」 第14話「光る影」
この光る影をあなたは見えているか。

静まれ!!
お前たちはどこに目を付けている。
ジュンは確かに念写さえまともに出来ていない。
しかし、見えない敵にいつ襲われるかもしれぬ恐怖の中で、初めてヘッドになり、増幅された恐怖と戦い、震える想いで見えざる者を見ようとしている。
その必死の胸の内が見えぬか!!!
 ――不動GEN


初回からここまでよくしっかり真面目に観ている人は分かったと思う。
私はよくしっかり真面目ではなかった。。。全然わからなかった。
しかしもはや河森正治は魔術師でしょう。
神速の魔術師と言われた不動GENに次ぐ、映像の魔術師の河森正治でしょう!(いやメディアの魔術師といってもいいかもしれない)

この回は文字通り「光と影」で満ちている。
もちろん敵のケルビムも影という形でアクエリオンを攻撃してきたが、思いもよらないところで観るものを影で眩ましながら光を当てている。しかも始めは緩やかに時に急激に捻りながら。
まるで、全然違うものを見ていると感じていたのに俯瞰してみると、全く同じものを違う角度から光をあてていただけだと気付くようなものだ。

この不動GENの言葉。

静まれ!!
お前たちはどこに目を付けている。

は物語上だけの言葉ではないことがはっきりわかる。
我々視聴者に向けて挑戦的にそして「星の王子さま」の「肝心なことは目に見えない」よろしく「肝心なことは影に隠れている」という深い愛情のこもった一言だったということ。
ありがたや。。。

そして、
終盤のシルビアが自分の本当の気持ちに知ることが出来た時からエンディングまでかかっていた曲は「荒野のヒース」という曲。
実は初めて見たとき私は「ここでいつものように【創聖のアクエリオン】だったらもっと感動的だったに」と思った。(いきなり「出会えたー」がちょっと「あれ?」と思っんだよね。というか河森流のズレの感覚で「わざと」かな?)
しかし、何回か見ていくうちに「荒野のヒース」が自分の中でちゃんとはまっていった。
元々めちゃくちゃ良い曲なので特に気にしなくても良かったみたいだ。

最後に、
今回のタイトルは光る影だったんだけどその中でも今はまだまだ影のような特別な見え方で示唆しているが、今後はそれらがさらに光る素材として散りばめられている。そういうところは全く抜かりはないようだ。

さて、
次回は賛否がはっきり分かれるかもしれない。
ただ私はギャグ(下ネタ)的なものとはあんまり考えられなかった。
これをどう捉えるかでその人の柔軟性が図れるものだと思う。
「創聖のアクエリオン」には、本質的にバカバカしいことは真面目にやり、逆に本質的に真面目なものは徹底的にバカバカしくやるという一つのコンセプトがある。バカバカしさの中に深い意味、教えが含まれている。
この回もまたそういう意味でリトマス試験紙的な回だと思う。

それでは今後も度肝を抜くストーリーに目を離すな!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 創聖のアクエリオン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「五木寛之 21世紀・仏教への旅」を見た。 | 緑の手紙。 | 「アクエリオン 完全合体Blu-ray BOX」買ったよ!>>
この記事のコメント
[]
荒野のヒース、から検索できました。

私も今、再放送のアクエリオンみていますが、すごく
共感ができて嬉しいです。
記事の内容もとてもおもしろくて、、これから過去分も
見てきますね。

更新楽しみにしてます、頑張ってください!!
2011-04-19 Tue 21:39 | URL | しぐ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます!
すごく嬉しいです!!
初めてです、この「創聖のアクエリオン」のエントリーにコメントが付いたの。
多分誰にも見られてないんだろうなぁ、あるいは見たとしても素通りしてしまうほどつまんないエントリーなんだろうなぁと思っていました。

というかもう止めようかなという気持ちもありました。
自分の文章力の無さにホトホト疲れていましたし。何度も書いては消し、書いては消しの繰り返しで、結局はありきたりだったり、この文章を見てもそれほど伝わらないだろうなという文章しか書けてないと思うし。

それからどんなに「パチンコや主題歌だけじゃなくて、あんまり知られていない、解らないかもしれないけど、このアニメはすごいんだぞ!」と言ってもやっぱり表面の部分に気を取られている人が多くて伝わりづらかったり・・・。

そしてなによりこの前発売されたブルーレイBOXのオーディオコメンタリーで感じたことなんですが、河森監督自身があまりこの作品に対して真面目に語るアニメにはしたくないという意思が感じられたので、このままの調子で「このアニメはすごい!」って言い続けてもいいんだろうかと。逆に魅力を半減させる、僕の文が変に肩に力を入れさせているような気がして申し訳ないかなという気持ちが出てきたんです。

そんななか、しぐさんのコメントが来て本当に嬉しいです!
すごくやる気が出てきました!ありがとうございます!

人の見方はそれぞれというわけで僕自身の解釈でこれからも突っ走っていきたいと思います!

本当にコメントありがとうございました!!!
2011-04-20 Wed 23:45 | URL | グリメラ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。