スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ある市役所の職員の解決方法
はてな匿名ダイアリーより

市役所の職員なんだが
http://anond.hatelabo.jp/20101005000706

山奥の飛び地みたいになっている地域に、市営の公園がある。

市の中心部からは凄く離れているけれど、人気はあるらしく、利用者数は結構ある。

公園内に川が流れていて、BBQの利用客が多いらしい。

で、ここのトイレが超汚いんだ。


これはうまい対処方法だね。
しかもかわいらしい(?)オチもついている。(なんでそこまで?っていうあっけにとられる笑いがある)

なんとなくほのぼのするエピソードだと思った。
確かに実際に掃除するこの市職員たちは深刻な問題で大変だったんだろうけど、たったそのワンフレーズを書いた紙を貼っておいただけでほぼ解決するってすごく脱力する感じ。おいおい、それで良かったんだみたいな。。。

これじゃあ、馬の前に人参をぶら下げると同じく、
もう歩けないとへたっている人の前に千円札ぶら下げたらとたん元気よく走りだすみたいだよ。

世の中そういう風な感じで物事がうまく進んでいかないのかな。
こういうちっちゃな知恵を持ち合わせている人が地域の指導者、ひいては国のトップになって、初めは「そんな下らない解決方法でうまく行くわけ無いだろ」といわれるものを実践していくと、あら不思議すぐ解決しちゃいました、みたいなことが起こりそうな気がする。

というかこれって日本人だけなんだろうか?そういう国民性をうまく付いた作品な気もしてくるなぁ。

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
早坂 隆
4121503090

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ブロガーさん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<台湾の学生による自主制作アニメに癒される | 緑の手紙。 | 今秋初めての炊き込みご飯>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。