スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ETV特集のラストで掛かっていた名曲「おそすぎないうちに」
6月13日放送 NHK教育ETV特集「“さよなら”を言う前に~わが子の“脳死”と向き合った家族~」のラストで掛かっていた合唱曲が分かりました。

「おそすぎないうちに」だそうです。

大阪信愛女学院小学校 学習発表会 児童合唱団 2007.11.18(歌詞付き)
http://www.osaka-shinai.ac.jp/element/elem/gyouji/2nd/gakuha/2007/rose/ososuginai.htm

合唱曲「おそすぎないうちに」 - にこ☆さうんど#
http://nicosound.anyap.info/sound/sm4286755





コメント欄でこーいちさんに教えてもらいました。ありがとうございました。

この歌は地球環境を守ることを主題にした「魔界とぼくらの愛戦争」という音楽劇の挿入曲として、東京都立小学校教諭の中山真理さんが作詞作曲されたものだそうです。

自分のほかにもこの番組でこの曲を良いと思っていた人がいたみたいです。

http://myumom.jugem.jp/?eid=491
http://qa.fresheye.com/qa/view.php?qid=1342209258&kw=%E6%94%BE%E9%80%81

この曲を聞くとあのシーンが思い出されて涙ぐんできちゃいます。。。(再放送ないのかな?)

この曲は地球環境のことをテーマとしているらしいのですが、あのシーンからこの曲を知った私からはとても深くてもっと大きな意味を感じています。

生きとし生けるものとして根源的な生なる喜びをもっと感じようよ。
本当にそれは悩み苦しむようなことなの?
それよりもっと大地にでんと寝転がって太陽の光を浴びようよ。
今起きていること、今出会っている人、今ここに居ること
たとえそれがどんな状況でも奇跡なんだよ。
その奇跡に感謝しようよ。

というようなことをあの曲から感じました。

またあの脳死判定された女の子から教わったような気がしました。
もう体がピクリとも動かせないけど何かの力で、
彼女が最後のメッセージとしてあの歌を僕たちに歌ってくれているような気がしました。

彼女のご冥福をお祈りいたします。


小学生のための音楽劇・物語集 スーホの白い馬 斉唱版&合唱版/|魔界とぼくらの愛戦争
小学生のための音楽劇・物語集 スーホの白い馬 斉唱版&合唱版/|魔界とぼくらの愛戦争
このCDに「おそすぎないうちに」が収録されています。視聴もできます。(全41曲を見るをクリック)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<「ブブゼラの楽譜ワロタ。」にて | 緑の手紙。 | ETV特集「“さよなら”を言う前に~わが子の“脳死”と向き合った家族~」を見て>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
管理人の承認後に表示されます…
2017-01-02 Mon 02:03
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。