スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「はてなブックマーク 最近の人気エントリー」にてこんなエントリーがあった。

ドラえもんがのび太を勝ち組できた理由 - keitaro-news
http://d.hatena.ne.jp/keitaro2272/20100224/1266954158

昔、ドラえもんを見ていて不思議に思っていたことがあります。なぜ、のび太は『勝ち組』になったのかということです。ドラえもんに頼るばかりで自分では何もせず、毎日をダラダラと過ごすのび太が生まれ変わるキッカケがどこにあったのか。今更ながら見直してみると、ドラえもんが行っていたことがまさに『教育』の原点だったのだと思います。


その中で「心に響くドラえもんの言葉10選」というのがあった。
☆心に響くドラえもんの言葉10選

1.「意地悪されるたびに 親切にしてやったら どうだろう」

2.「他人にできて、君だけに できないなんてこと あるもんか」

3.「いっぺんでいいから 本気で悩んでみろ」

4.「毎日の 小さな積み重ねが 歴史を作っていくんだよ」

5.「人にばかり頼っていては いつまでたっても 一人前になれないぞ」

6.「どっちも自分が正しいと思っているよ 戦争なんてそんなものだよ」

7.「ほんとのファンなら 落ち目のときこそ応援しなくちゃ」

8.「過ぎ去った時間は もう二度と帰ってはこないんだ」

9.「悩んでいるなら 一つでもやりなよ」

10.「何にもしないで いきなり偉くなれると思うのかい」


母性の最高到達点とも言えるドラえもんの金言集。
といっても自分の心のなかに響いたのは3つ。

まず最初の「意地悪されるたびに 親切にしてやったら どうだろう」は話しの前後が全くわからないけど、これを言われてのび太がすぐ親切に出来たらドラえもんいらないんじゃないかと思った。親切には出来ないにしても相手の行為を理解しようという気持ちが大切なんだろう。

次の「他人にできて、君だけに できないなんてこと あるもんか」は自分にできないから他人を尊敬したり、信頼したり、好きになったりするんじゃないのかな。でもたぶんこれはすぐ諦めるのび太に対してドラえもんなりの愛のムチなんだろうな。

最後の三つ目は「過ぎ去った時間は もう二度と帰ってはこないんだ」は自分の心に突き刺さる。よくありがちな言葉だけど普段どれだけの人がこの言葉を思いながら生きているんだろう。なんとなくぼーっとテレビを見てる時間、机の端っこを見ている時間、今こうして誰が見ているか分からないネットの奥深くにあるブログを書いている時間。もしかしたらそういった時間でさえこの言葉を強く意識しながらやると今とは違って確実に充実した時間を過ごしたという気持ちが湧いてくるのだろうな。今なんかドラマ「プロポーズ大作戦」を思い出したなぁ。

この三つ以外は特にピンとは来なかったな。
話しの前後がわかればもっとグッとくるのかな。
本当ドラえもんっていい話が多いからな。
「さようなら、ドラえもん」しかりね。

ドラことば心に響くドラえもん名言集
ドラことば心に響くドラえもん名言集小学館 ドラえもんルーム

おすすめ平均
stars忘れかけた事を思い出させてくれる1冊
stars心に染みた…
starsドラえもんをあまり好きではない人にも読んでもらいたい本
stars元気がでます。
stars大人にこそドラことばを

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ブロガーさん | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<奇妙な食卓。 | 緑の手紙。 | 【五輪】男子フィギュアスケートJeremy Abbott(ジェレミー・アボット)のプログラム曲>>
この記事のコメント
[]
あらっ、いい。すごくいい。
2010-03-01 Mon 21:45 | URL | さとう #-[ 内容変更]
そうですか。それは良かったです。
2010-03-02 Tue 16:11 | URL | グリメラ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。