スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
幼児と僕。
以前のエントリーでこういう物を書いた。

赤ちゃんパワー感じた時。
http://lunight.blog21.fc2.com/blog-entry-820.html

その第二弾的なことがあった。

TSUTAYAのCDレンタルのコーナーにて。

僕のすぐそばに母親らしき人とその子供らしき人がいた。子供は歩き始めて1、2ヶ月くらいだろうか。まだしっかりは歩けない感じの幼児だった。

母親はじっとCDの棚を見ていて何を借りようか物色していた。
幼児はCDには目もくれず周りをキョロキョロ見ている。

そして、

僕が最下段のCDを小さく屈んで見ているときだった。
母親はそこの棚には借りたいCDは無かったらしく、幼児に向かって、

「行くよ」

と短く言った。

そして母親サッと僕の横を通り過ぎて行った。

だが!

幼児の方はなぜか母親の方へは行かず、僕の斜め横にピタっと静止し僕の顔を凝視している。
僕の顔と幼児の顔の距離は30cmもない。
初めは一瞬目を合わしたが、何となく気まずかったのですぐCDの方に目をやった。

その状態で時間にして15秒ほど経ったろうか。

もう居ても立ってもいられず、私はこころの中で
『おーい母親、早く気がついてくれー。』
と念じた。

その念が通じたのか母親が戻ってきて、

「ほら、行くよ。」

子供の手を引こうとした

と思ったのは僕の願望だったのだろうか?

彼女は子供の手を引こうとしたような素振りをしたのにもかかわらず、寸前のところでまた一人で先に行ってしまった。

なんで?

今確かに引こうとしたよね?幼児の手あるいは腕を自らの手で取ろうとしたよね?
なぜ諦めた?
そんなに子供の自主性を重んじる場面?


僕と幼児の超近距離ちゃんと見た?
すごくない?



僕は途方に暮れた。。。

もうこれは超長期戦になるかもしれないと腹を決めた時、幼児は自らの足をヨチヨチ動かし母親の行った方向へ向かった。。。


なんだったんだろう?


もしかしたら、
以前のエントリーで

こんななんでもない日常の出来事で思うこと
http://lunight.blog21.fc2.com/blog-entry-789.html

みたいな神の啓示みたいな何かなのだろうか?

この親子は何かを伝えようとして僕の前に現れたのだろうか?

神様のポイントは貰えたのかな。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【五輪】男子フィギュアスケートJeremy Abbott(ジェレミー・アボット)のプログラム曲 | 緑の手紙。 | 「NEWS FINE」の佐々木明子さんに惹かれる。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。