スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
B’z松本孝弘とヴァン・ヘイレンの対談映像
また貴重な映像ですね。Tak Matsumoto(B’z松本孝弘)とEddie Van Halenが対談しております。

Tak × Eddie 対談 (INTO THE ARENA)


しかも、途中に自身のソロ活動として作った洋楽カヴァーバンド「Rock'n Roll Standard Club」からMichael Schenker Groupからの曲で「INTO THE ARENA」のライブ映像が見られます。
やっぱりカッコイイですねー。

当時、この曲を初めて聞いたとき松本さんのオリジナルの曲かと思って、また素晴らしいエネルギッシュな曲を作ったなぁと本当に関心しました。でも実際は松本さんが尊敬するマイケル・シェンカーさんが作った楽曲です。
曲の盛り上がり方がすごい良いと思います。それからギタリストなら一度は弾いておきたい名曲ですね。

対談の方は・・どうなんだろう。話し弾んでるのかな。。(というか対談ってこんなものかね?)
こういう外人対日本人の対談映像でいつも思うことなんだけど、日本人のほうは何で通訳の方を見て喋るんだろうと思ってしまう。通訳と対談してるわけじゃないでしょ。
もちろん相手は日本語は分からないと思うけど一応は目と目を合わせて言いたい事を言ったほうが映像としてもそっちの方が良いし、相手にも失礼に当たるんじゃないかなと思います。
しかも確か松本さんは英語は普通に喋られると思うので会話は全部英語でやりとりをして、後の編集で全部スーパー(字幕)でやれば良かったのにと思いました。
もちろん番組側がそういう方が視聴者によく伝わると思ってやったのかもしれないけど、なんか場の雰囲気がちょっと冷めた感じを見るのもちょっと考えものじゃないでしょうか?

まぁいずれにしても、この対談映像は貴重です。日米一流トップギタリストの会話を特とご覧あれ!

Rock'n Roll Standard Club
ROCK’N ROLL STANDARD CLUB BAND
B00005F5B6

Best of Van Halen, Vol. 1
Van Halen
B000002NAA
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハンバーガー作ってみました。 | 緑の手紙。 | あの生キャラメルに挑戦!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。