スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
自分でギターの部品を交換したよ パート1
ギターを始めて10数年。電気のほう。
「兄貴のギターを借りて使用」を卒業し、自分のギターを使い始めて10年くらい(?)。
もう10年経っているのに、その間にもう一つのギターを買うだとか、大幅な修理をするだとかは一切やらなかった。自分の性分としてなんでも使い倒すほうなんだろうと思う。
もちろん、メンテナンス程度はやっている。ギター専用の液体を使って、ボディーや指板を拭いたりすることは弦交換をするときによくやっていた。

しかし、ギター内部に至ってはなかなか気が回らなかった。ましてや部品を交換するなんて正直、図画工作はとても苦手だった自分にはそう簡単に手出しは出来なかった。
いままでは何か内部でトラブルがあっても、ドライバーで中を開けて、埃を取ったり、接点復活剤をシューと吹きかけとけばなんとか回避できていた。

今回はそうはいかないことになった。いや、そうはいかないことにした、と自分で決めた。
何があったのかというと、ガリだ。もちろん寿司・・・やめよう。
あのガリがもう我慢がならないほどに達してしまったのだ。

いや、これは正確にいうとガリではないんだろう。溜まりに溜まったガリが慢性化し、集結して、音が全然でなくなる状態が頻繁に起きてしまうというものだ。
これを仮に、ドラゴンクエストのスライム同士が重なり合ってキングスライムと化すあの変態にちなんでキングガリと名付けることにする。
このキングガリを成敗すべくギター部品の交換という荒波に旅立とうと決心したのだ。

キングガリの出るところはボリュームコントロールと5ウェイピックアップセレクター。
5ウェイピックアップセレクターはよく接点復活剤を吹きかけてガリを抑えていたけど、どうにもいかなくなってしまった。しかし、部品を買いに行く前、いろいろ分解してみていたときに、この5ウェイピックアップセレクターの溝の部分にたくさんの黒い埃がたくさん詰まってあった。もしかしたらこれを取り除けば復活するかもしれないと思い、ギター磨き用のハブラシを使ってゴシゴシ磨いて取り除いた。
すると見事に5ウェイピックアップセレクターのキングガリは出現しなくなった。

「なんだ、簡単じゃないか。これならボリュームコントロールも交換せずに澄むかもしれない。」

と淡い期待をした。

が、ボリュームコントロールの内部、ボリュームポットを見ると・・・そもそも埃をかぶるような溝がない。
なのでいくら表面部分についている埃を取った所でキングガリが無くなることはなかった。

「しょうがない、ここは交換するしかないんだろう。楽器屋でこのパーツを買いに行ってこよう。」

二駅を超えた町にわりと大きい楽器屋はある。(都会なら近場であるんだろうなぁ。)

楽器屋でギターパーツが置いてある所で物色。
「う~んとどれだろうなぁ~」と見ていると・・・早々に見つけられた。
しかし、そのあと背中から多少の冷や汗が出た。

「これ、どれを買えばいいんだ?」

しまった。
ボリュームポットっていろんな種類があるのか!
わ、分かんねぇーーー。

でもでも、置いてある感じの品揃えで「250KΩ」と「500KΩ」ってやつが主流らしいというのはわかった。たぶんこの二つのどれかだと思うんだけど。。

しばし、二者選択を迫られている時にさらなる危機が。。

「おいおい、この2種類さらに二手に分かれているじゃん」

250KΩAと250KΩBと500KΩAと500KΩB

オレはキングガリを倒すための迷宮に入り込んでしまったのか!?

だんだんこの「Ω」がスライムに思えてくる。。

「こんな小さいスライムに立ち往生しているのか、オレは」

とひどく落胆した。

そういえばボリュームポットの表面になにか文字の羅列らしきものが小さく書いてあったよ。それは自分でも気づいていた。もちろん紙切れにそれをメモしようとしたよ。だけど、判別不可能なくらい小さく、そして色褪せて(?)ていた。(言い訳じゃなく本当に読めなかったんだ。)

「こんなに小さく書いてあるんなら別に対して必要じゃないんだろう」

と思ってしまっていた。

甘かった。。

20分くらいだろうか、僕はギターパーツ売り場から立ち尽くしていた。

自分でギターの部品を交換したよ パート2に続く。

スライドムーブ_CSM-80 ギター・ベースなど弦楽器のお手入れに!
B000RX1X0Q
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ギター | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自分でギターの部品を交換したよ パート2 | 緑の手紙。 | 企業の海外利益、還流へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。