スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
本屋に行く
昨日の午後。
 例年、あまり雪が降らない、あるいは降ってもそこまで積もらない地方に住んでいるにも関わらず、2度も雪が積もるほど寒かったここ最近。
その寒さも一段落したのか、昨日は過ごし易い日だった。

 その昼下がり。
よく行く本屋へ行こうと自転車に乗り、軽やかにいつもの道を走っていた。

 その道中にある酒屋の曲がり角で3人の親子連れを見た。
ベビーカーにのる赤ちゃんとそれを押している母親とその側に寄り添っている女の子。
女の子は近くを飛んでいるヘリコプターの音に

「ヘリコプター!ヘリコプター!!」

と母親を呼ぶように言ったが母親は振り向きもせず、なにやらベビーカーを押しながら目線を下へ向けている。下といっても赤ちゃんを見ているわけではない。
自転車がある程度近づいたところで母親が何を見ているのか、いや、しているのかがわかった。

「NITENDO DS」

彼女は一人何役もやろうとしているのか。
赤ん坊をベビーカーに乗せてあやす、長女と一緒にお散歩、NITENDO DSをやる自分。

もしかしたら長女がやっていたNITENDO DSをたまたま

「お母さん、これクリアできないよ。ちょっとやってみて!!」

といわれてベビーカーを押しながらやっていたのかもしれないが、その光景がなんだか面白くもあり、微笑ましい雰囲気に見えた。
実際、正式なベビーカーを押すという行為にはなっていなかった。
それもそのはず、ベビーカーを押す手がDSで塞がっていたのだから。

「DSをやっている手の甲でかろうじて押していた風」だった。

それを横目で通り過ぎる時、

「それに熱中しすぎて、車に気が付かないことにならないように注意して」

と心の中でつぶやいた。


そして本屋に着く。


いつもの経済雑誌のコーナーへ行くとまた面白いものを見た。

もう80歳前後は入っていると思われるご老人男性。
頭には帽子、眼鏡をかけ、口にマスク・・いや違う、口じゃなくアゴまでずらした状態で、すぐ側の所には杖を立てかけている。

そんなご老人が何をしているかというと、
下積みされている雑誌を下敷きに白いノートの1ページ分の切れ端に何か書き込みをしている。
そのご老人の隣りに立ち、雑誌を物色している風に装いながら、斜め下方向に視線を落として見てみると、4桁の数字が羅列されている。

「これはもしかして・・・。」

切れ端に書き込みをしている上に雑誌が開かれている状態で置いてある。もう一度書くがここは経済の雑誌が置かれているコーナー。

その4桁の数字は、

「銘柄コード?」

銘柄コードとは日本の証券取引所に上場する企業に対して、個別に付けられている4桁の数字。
このご老人、雑誌で勧められている銘柄を黙々と書き写していた。

雑誌と切れ端を交互に視線を動かし、手に持つ鉛筆を走らせていた。
その雑誌の様相は惨いことに、開いたページが勝手に閉じないように、表紙と裏表紙を合わせる形で完全に折目が付いてしまうやり方だった。

「そこまで必死にならなくても・・・。しかも経済誌に推奨されているのを買って儲かるんだったらみんな老後のことなんて心配しなくていいことになるんだけどな。。いや彼には老後じゃなくて老中か。。」

と思いながら私はその様子を時々チラチラと見ながら、経済誌を読んでいた。

そしていつのまにか経済誌の内容に深く読み込んでいて、そのご老人の存在を忘れかけていた。

30分は経っただろうか。
読み込んでいた雑誌が一段落付いて、元の棚に置こうかと思ったら、まだそのご老人が書き込みを続けていた。。

もちろん私自身30分も立ち読みしといて人のことは決して言えないが、

「ちょっと書き込み過ぎないか?」

と思った。
チラ見した感じでいうと100銘柄近いくらいいっている。
いくら雑誌で推奨されているものだとしても、ある程度選別しないのかな?

「もしかして・・・推奨銘柄トップ100的な物を丸々書き写しているのでは?」

まさかなぁ。。

そしてその後しばらくして、そのご老人男性は期待通り、その雑誌を棚に戻して、何も買わずに店を出て行った。。棚に戻す時に見えた雑誌の名前は「株式にっぽん」だった。

正直、どのページを見ていたのか気にはなったが、はっきり折目が付いたであろう雑誌を手にするほどは気にはなっていなかったのでそのコーナーを去ってしまった。

そして、このエントリーを書こうと「株式にっぽん」のWEBサイトにいってみた。

株式にっぽんホームページ(市場新聞社)

その「株式にっぽん」の最新号のタイトルはこんなだった。

勇気と共に動乱相場を乗り切る!
1~3月の乱気流を見極める勝利のストラテジー

なるほどと思った。

戦後を生き抜いてきた並々ならぬ図太い精神を学ばせて頂いた。
あの時のご老人にありがとうを言いたい。

そしてその後折目がバッチリ付いた「株式にっぽん」を買った人。

ご愁傷様。。

そんな昨日の午後だった。


ニンテンドーDS Lite グロス シルバー

ニンテンドーDS Lite グロス シルバー
ニンテンドーDS Lite専用 液晶フィルターDS Lite 東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング 英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け ニュー・スーパーマリオブラザーズ
by G-Tools
投資の神様2008年1集新春号

投資の神様2008年1集新春号
投資の神様 2007年4集秋号 もっと儲けたい人のテクニカル指標徹底活用法 週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本 株価チャート練習帳 スイング&デイトレ編 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日の「笑っていいとも!」で(温水洋一さん出演) | 緑の手紙。 | あけ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。