スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オーラソーマリーディングやってみました。
OhmyNews(オーマイニュース)にてこんな記事があった。

あなたの心はどの色に惹かれますか?

自分の気持ちを実感したり表現する時、ごく普通に言葉を使うでしょう。それと同時に、私は長らく美術を学んでいたせいか、心の中に色のイメージが漠然と生まれることがあります。心の中にぼわ~んと、単色ではなくむらがあったりグラデーションになっていたり……。
その記事の中で、「オーラソーマリーディング」という心理テストみたいなものが紹介されていた。
提示される2色に分離したオイルが入っている104本のボトルから、直感で4本をピッ クアップ。そして、それぞれのボトルの色彩イメージが持つ意味を読み解くことで、選んだ時の心理を推測する、いわば心理テストのようなもの。

無料占い オーラソーマリーディング

実際やってみたところ、私はこんな結果が出ました。(これからやりたい人がいると思うのでボトルNo、ボトル名は伏せておきます。)

◆ 一本目 魂のボトル(あなたの本質を示します)

自己の深みを見ることができる、深遠なる知性の持ち主。深い視点で物事の本質を見極めていきます。あらゆる出来事に対してクリアーな見解を持ち、的確で焦点の合った考えを打ち出します。経験と教養に裏打ちされた、内なる権威を信頼しています。誇りと威厳を携えたあなたは、内なるカリスマ性を持った孤高の人。冷静かつ厳粛に自分自身を見つめることができます。また、直感力に恵まれ、スピリチュアルな世界への造詣も深いでしょう。

◆ 二本目 チャレンジ&ギフトのボトル(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)

頑張りすぎたり、やりすぎている状態。責任感が強まるあまり、何事も肩肘張って気負いすぎているか、成果を欲張りすぎているようです。何かを「やってあげる」といった気持ちになりがちで、見返りを期待したり、思う成果を得られないと、すぐに失望してしまいがち。細かいことを気にしすぎてしまうのかもしれません。「どうせ」という卑屈な感情が顔を出している様子。大らかな心ですべてに接することで、可能性も広がるでしょう。

◆ 三本目 「今ここ」のボトル(現在の状態と気づきを示します)

様々な事柄の価値に気づき始めています。今なら、物事のマイナス面に目を向けることを止め、自分の長所や得意分野、または他人の良いところに焦点を当てることができるでしょう。また、体内リズムの調整も大いなる叡智を呼び覚ますステップとなるはず。太陽の光と共に起き、朝日をしっかり浴びることを心がけましょう。体内時計を整え、自然のリズムと調和して。ポジティブな発想が根づき、あなたの可能性に強い光が注がれるはずです。

◆ 四本目 未来のボトル現在の状態からどう変わっていくか、未来の可能性を示します)

真実の道を歩みはじめています。ハートに忠実に生きることで、何が一番大切か、魂の向上につながるかを理解できるようになります。疑いや恐怖を克服したあなたは、寛容で客観的な物の見方を習得しています。そして、いつもハッピーで、元気で、明るく、やさしい精神を保ち続けることができるでしょう。自由な精神を持ち、周囲と調和的なコミュニケーションをとることができます。ハートの真実を得たあなたは、人生に勝利するのです。
う~ん、近からず遠からずといったところでしょうか。
当たっているなと思うところもあるんですが、ちょっと褒めすぎ(ちょっと照れる)なところもありますね。

期間をあけて再度テストすると、まったく違う結果がある(違うボトルを選ぶ)ということですから、また気が向いたらやってみたいと思います。

オーラソーマ・ボトルメッセージ (セレクトBOOKS)オーラソーマ・ボトルメッセージ (セレクトBOOKS)
武藤 悦子

voice style vol.1 オーラソーマ心理診断 オーラソーマ―奇跡のカラーヒーリング (OEJ Books) オーラソーマ・パーフェクトガイド オーラソーマ シェアリング オブ ハピネス―自分と向き合うその方法と10の体験談 願いを叶える77の扉―大天使とマスターを呼ぶ

by G-Tools

日本のオーラ 天国からの視点日本のオーラ 天国からの視点
江原啓之

たましいを磨く8つの法則―ほんとうの幸せを見つける方法 未来の創り方 江原啓之のスピリチュアルバイブル 輝く明日を迎えるために [DVD] TRINITY Vol.23 SUMMER (23) 江原啓之 本音発言

by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 注目サイト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<森下悠里が名曲「タッチ」をカバー! | 緑の手紙。 | 近藤喜文画文集「ふとふり返ると」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。