スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
米シティ、日興を完全子会社化 「三角合併」初の事例に
やるべくしてやる教科書通りの三角合併。

米シティ、日興を「三角合併」・完全子会社化、初の外国株交換

米シティグループは2日、傘下の日興コーディアルグループを完全子会社化すると発表した。日興株主に米シティ株を割り当てる株式交換方式を採用。5月に外国企業に解禁された三角合併の事実上、初の事例となる。シティは日興の経営権を完全に掌握し、日本での事業展開を加速する。日興は完全子会社化に伴い、来年1月にも東京証券取引所などで上場廃止となる。一方、シティは本体が東証に上場する計画だ。
懐かしい。
日興コーディアル証券が主幹事で監査法人が亡き中央青山監査法人の会社は怪しい。
そこに大株主にベンチャーキャピタル(特に外資系)が山盛りの会社はもう上場したらお役目御免状態へ。

そんな噂がもう懐かしいなんて。。

また新たな戦いの幕開けになるのか。。

日興コーデ株、日経平均に当面維持

日本経済新聞社と日本経済新聞デジタルメディアは、2日に監理ポスト入りした日興コーディアルグループ株について、日経平均株価の構成銘柄として当面維持すると発表した。今後のシティグループとの株式交換の状況を見て、対応を決める。
米シティグループ、第3四半期の純利益は60%減少の見通し

[ニューヨーク 1日 ロイター] 米金融大手シティグループは1日、サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅ローン)やレバレッジド・ローンに絡む損失や評価損に加え、債券取引や個人向け業務の低迷が響き、第3・四半期の純利益が約60%減少するとの見通しを明らかにした。
おたくさんもきついでしょうけど、あんまり荒いことはやめてね。

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番!  問題解決力を試す60問外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問
キラン・スリニヴァス 辻谷 一美 外資系企業研究会

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学 定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法 レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 ビジネススクールで身につける会計力と戦略思考力 (日経ビジネス人文庫 ブルー お 7-1 ポケットMBA 4) ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?

by G-Tools

外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか
ISSコンサルティング

ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて 外資系コンサルの真実―マッキンゼーとボスコン 即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書) 投資銀行青春白書 使う力 知識とスキルを結果につなげる (PHPビジネス新書)

by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<志田未来がハイテンションで学園天国を唄う動画 | 緑の手紙。 | 『りっぴー れいんぼー☆ぱーてぃ 秋の大ぱーてぃ 90分生放送!』 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。