スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「地球の危機を救うお金の使い方」と「「環境ファンドになぜお金が集まるのか」
今日、TBS「MUFGスペシャル 未来の子どもたちへ 地球の危機を救うお金の使い方」という番組を見ました。

番組のテーマはほとんどこの本を参考にしたみたいです。
4478871035世界を変えるお金の使い方
山本 良一 Think the Earth Project
ダイヤモンド社 2004-12-11

by G-Tools
以前のエントリーで、

「環境ファンド、1年で倍増・個人マネー流入」

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」に続いて、
「環境ファンドになぜお金が集まるのか!」
という本を作ったほうが良いようです。
ということを書きましたが、理由がわかったような気がします。

直球でした。

大手金融機関が買い煽るから。

ありがとうございました。

この番組は全て、同番組内のCMでも何回か放送されていた、

三菱UFJ SRIファンド ~ファミリー・フレンドリー~(商品概要) : 三菱UFJ信託銀行

これの買い煽りなんだろうなと思ってしまった。。

どうして、電気自動車が環境に良いんだろう?
原発は環境にいいのか?
どうして、貧困国のマイクロクレジットの20%の金利は絶賛されて、なぜ日本のグレーゾン金利(出資法の金利枠)は撤廃なんだろう?
ただ合意がないだけだからか?
先の返済能力を計算できない知能、(失礼)じゃなくて、想像力の欠落か。
いや、そもそも教育か?

どうしてもそこに行き着いてしまう。「政治と金」、「年金問題」そんな枝葉的なものは後回しでいいから教育を最優先にしようよ!
少しでも良いからマスコミが扇動する、頭の悪くなる、いや人がサルになる考え方を一掃しなきゃなんないと思う。

うーん・・・しかし、善意って強靭な力を持つんだな。。
善意という名の暴力団を自らが引き起こしているかもしれないと私達一人一人肝に銘じて置かなければならない。。
爆笑問題の太田さんの気持ちが良く分かる。。

あーくわばらくわばら。。

※余談だけど、この番組にバングラディシュの貧困の現状を見るために、宮崎あおいと共に宮崎さんの実兄・宮崎将さんが出演していたんだけど、そのお兄さんの方はほとんどテレビに映らず、コメントほとんど無し・・このカットしまくりの映像に正直びっくりしました。
これだったら宮崎あおいさんだけで良かったのではないでしょうか?この放送を本人が見たらちょっとショックなんじゃないのかな・・。。
他人事ながらそう思ってしまった。
芸能界ってシビアだなぁ。。

SRIと新しい企業・金融
SRIと新しい企業・金融谷本 寛治

東洋経済新報社 2007-04
売り上げランキング : 133507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ソーシャル・ファイナンス―ヨーロッパの事例に学ぶ“草の根金融”の挑戦 SRI 社会的責任投資入門―市場が企業に迫る新たな規律 CSR 企業と社会を考える (NTT出版ライブラリーレゾナント025) 金融で解く地球環境 金融CSR総覧

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | テレビ | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。