スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ネットで花火を見る。
【特集 夏本番!花火】 - 無料動画を配信中 - BIGLOBEストリーム

日本の夏の風物詩といえば花火!
日本三大花火大会をはじめとした7つの花火大会の美しい映像と心に染み入る音。
さらには、花火通をもうならせるような夜空を彩る大輪の10号玉(尺玉)の映像10連発も!
職人が魂を込めて咲かせる花火の色彩をジックリとお楽しみください
DNAが日本人だからなのか。

特に見たかった映像ではなかったけどクリックしたあと、しばらくぼーっと見入ってしまっていた。
なにかざわついていた気持ちが少しずつ落ち着いてきて、心が透き通ったような気がする。

ふと思ったんだが、花火はさざなみのようなものだなと思った。ゆっくりよせてはかえす波の時間の流れを感じた。心地よい音楽とされる「1/fの揺らぎ」みたいなものがなんとなくあるんじゃないかと思う。

目で楽しませ、耳で感じ、一瞬の光を放った後、少し余韻を残して散る。。

日本の文化って改めて良いなぁと思った。
この感覚を忘れずに日々を過ごすと、少しは心が豊かに生きていけるんだろうな。

ところで、この映像元(日本の花火と題されているほう)であるDVD「花火サラウンド/映像遺産・ジャパントリビュート」はamazonのカスタマーレビューで酷評されているが、もちろん音の方は作られた音だが音のタイミングとしては特に批判されるものではないように思える。
これがもし、花火が打ち上げている場所の近いところで録音されている仮定の話であれば、カスタマーレビューで批判していることに納得する。しかしこれが遠くからの録音、つまり映像としてはズームして移しているが、録音されている位置は遠くのほうだと仮定した場合、このタイミングのズレは至極当然の結果なのではないだろうか。
製作者サイドの言い分としてはこのような感じだろう。(私は音響の人すごいなぁと思うほうが先だったんだけどな)

音は賛否両論あるけど、映像の方はは最高だと思う。

花火サラウンド/映像遺産・ジャパントリビュート
シンフォレスト (2006/06/22)
売り上げランキング: 16610

NHK DVD 美の競演 日本の花火~花火芸術の最高峰 大曲全国花火競技大会~
NHKエンタープライズ (2006/06/23)
売り上げランキング: 10647

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。