スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
福井にも巨大恐竜 全長20メートル竜脚類の化石発見
福井にも巨大恐竜、全長20メートル竜脚類の化石発見

福井県立恐竜博物館は11日、同県勝山市北谷町の白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層から、大型恐竜の上腕骨とみられる化石を発見した、と発表した。岩石中から完全に取り出せていないが、露出部分(長さ45センチ)の大きさから上腕骨は長さ90センチ、幅25センチと推定。全長20メートル以上の竜脚類とみられ、国内で最大級という。
福井県立恐竜博物館の東洋一副館長は「欠けていない状態で見つかった化石としては例のない大きさ」で関節部を完全に取り出せば、種類が特定でき、アジアで出土している同年代の竜脚類のマメンチサウルスの可能性もあるという。

マメンチサウルス(Wikipediaより)

マメンチサウルスは、中国大陸に生息していた最大級の竜脚類。体長20mから25m。馬門渓(マメンチ)という場所で発見されたため、この名前がついた。
亀井節夫・京大名誉教授(古生物学)の話「国内で見つかっている竜脚類の骨は少なく貴重。マメンチサウルスであれば、国内で発掘された化石としては最大になるのではないか」とのこと。

映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 スペシャル版 (初回限定生産)
ポニーキャニオン (2006/12/20)
売り上げランキング: 2679

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宇浦冴香 新曲「休憩時間10分」が「結界師」テーマに | 緑の手紙。 | 海水浴情報はこのサイト!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。