スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
企業のサイト上の財務諸表など加工・分析作業可能に
サイト上の財務諸表、専用言語の使用を

金融庁は2008年度から有価証券報告書(有報)などを提出する上場企業など約8000社に、財務諸表などのデータを容易に加工できる新しいコンピューター言語の使用を義務づける。投資家はサイト上の財務諸表を自分のパソコンに取り込むことで、企業の財務比較など加工・分析作業をしやすくなる。
これはすごくありがたい。投資家の端くれとしていち早く利用したい。
 コンピューター言語はXBRLというらしい。私は聞いたことがないが主要国は採用しているらしいので国際的には知られているのだろう。

東証にて XBRLとは
XBRLは、財務情報が作成・流通・再利用できるように標準化されたXMLベースの言語です。国内外の投資者や金融機関、監督官庁、証券取引所などに加え、上場会社においても透明度の高い財務情報をタイムリー・スピーディーに把握できることが期待されることから、証券市場における機能の向上とともに、会社経営そのものに大きなインパクトを与えることが期待されています。
いつも思っていた。企業のサイトや適時開示情報閲覧サービスでの決算ファイルはPDFなので何ひとつ加工できない。だからいちいち打込まないといけないといけない。(もしくはコピペ)
それが省かれるということは投資家にとって大変ありがたい。本当にスピーディーに分析できる。

しかし、もちろん加工、分析が出来たって土台が粉飾まがい的な決算だったりしたら対処の仕様がないが。。

粉飾決算を見抜くコツ

粉飾決算書を見抜け!―まんがで読めるケーススタディ

粉飾バンザイ!―税理士は教えてくれない!「決算」&「会計」の裏ワザ!

FC2ブログ☆ランキング
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<美しい歳のとり方と美しい女性との関係 | 緑の手紙。 | コムスンの譲渡先、7月末までに結論>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
岩井証券 …
2007-06-11 Mon 07:35 岩井証券
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。