スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
いつ行っても開いてるおにぎり屋「おにぎり やぐら」
なんか感動するね。。。

@nifty:デイリーポータルZ:24時間営業おにぎり屋の謎に迫る
http://portal.nifty.com/kiji/110628145359_1.htm

学生時代、飲み会の締めでよく行っていたおにぎり屋さん。
しかしあのお店、いつ行っても開いてたし、店員さんはじいちゃんばあちゃんだけだった気が……どんな営業形態だったんだろうか。久々に行って確かめてみた。


おじいさんとおばあさんが切り盛りしている、いつでも開いてるおにぎり屋。
深夜は交代交代で寝るようにしているらしい。基本的に休日なし。
それを40年続けている。
めっちゃすごいことです。。。

正直そこまでして頑張ってやる必要があるのかと客観的にちょっと思うけど。(深夜に買いに来る人がどれだけいるのかね・・・都内だから多いのかな?私は地方なのでそこらへんはわかりませんね。)
でもこのおばあさんの一言にズシーンと来たよ。。。

それに来たときに閉まっていると寂しいでしょ。


そのちょっとしたお客さんに対する配慮がここまで一貫した経営姿勢になるのか・・・。
すごすぎる。
さらに、

帰り際にもらったお釣りは、本来のお釣りの他に
「ご縁がありますようにっていうおまじないね!」
ということでおまけの5円玉が。


なんかもう負けましたっていう気分です。。。
おみそれ致しました。
このおじいさんおばあさんに〇〇褒章的なもの・・・それじゃなくても練馬区として表彰してもいいぐらいの人たちだと思うよ。

よく24時間営業と言うが、
コンビニなどの24時間営業とは重みも深みも違うこのおにぎり屋さん。
さらにコンビニとは違うこのおにぎり屋さんのおじいさんおばあさんの手で握ったおにぎりはいろんな意味であったかいんだろうな。。。
本当に感服いたしました。
いつまでもお体に気をつけておにぎり屋を続けていってください。

合掌。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お寺で「一休さん」ダンス!! | 緑の手紙。 | クリームチーズ問題を突く!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。