スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
再放送「創聖のアクエリオン」 第25話「決戦!!アトランディア」
ついにアトランディアへ!!

堕天翅は人を贄とするだけだ。
人が滅びれば堕天翅もまた滅びる。
それが堕天翅の宿命。
 ――不動GEN

なぜそこまでご存知なのですか?
一万二千年前堕天翅を封じたアクエリオン。
そのエレメントはアポロニアス、セリアン、
そして創聖の書からその名を削られた第三のエレメント、
それは貴方だったのですか?
 ――ソフィア・ブラン

お前はセリアンとしての過去世を思い出した。
なのに私は未だに思い出せない。
しかしこの胸にあるのだよ。
遠い遠い遥か昔の悲しみが。
だからお前をここに連れてきた。
二度とあの悲しみを味わいたくないから。
 ――詩翅

ウソ・・・生命の樹が。
夢の中で見ていたのと同じ。
でも、こんなに大きなって。
このままじゃ世界が。
 ――シルヴィア・ド・アリシア

待っていたよ、私はこの時が来るのを。
待っていた!!
 ――頭翅

思い出したよ。
二人は美しく咲き誇る花さえも頬を染めるほど、
愛し合っていた。
 ――アポロ(アポロニアス)

紅い羽が悲しくも美しく舞う・・・。

シリウスの心、体、魂の悲しみが染み渡ってくる。
紅い羽が彼の好きな薔薇のように舞って、悲しさを美しさに彩っているようだ。


今までずっとこの歌、メロディーが掛かっていた。
二人がいる時。二人に関わっている時。
この二人に後ろでいつも寄り添っていた。
題は、

「Celiane」


このメロディーの意味が分かるような気がする。
儚さ、美しさ、無常さ、健気さ、出会ってしまった不幸、出会った幸せ・・・。
一音一音の想いが全身に伝わってくる。
もしかしたら誰しもこういう物語が心の奥深くに備わっていて、それを刺激されて心・魂を揺さぶられるんだろうか。。。


次回はとうとう最終回。
「世界のはじまりの日」
もう何も言うことはない。

究極の合体を感じてほしい。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 創聖のアクエリオン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<劇場版アクエリオン「壱発逆転篇」TV初登場!! | 緑の手紙。 | 再放送「創聖のアクエリオン」 第24話「天空のゲート」>>
この記事のコメント
ついにアトランディアに突入しましたね!

アクエリオンは、アポロニアス?!どういうことでしょう!!
アポロニアスはアクエリオンになって今に残っているのでしょうか。
生まれ代わりのアポロがそれに乗っている…不思議だけど、
それなら自在に操れて当然と納得(^-^)/

前回の話ですが、アポロってホントに頼りになる存在になりましたね!
ディーバのみんなの前で放った強い言葉、聴いたときアレッ??って思いました。
なんだか、強くなったと。
彼なら、シルビアを救ってくれるのではと…。

シリウスはとても悲しいことになってしまったのでしょうか…。
つらいけど、今夜、どうなるのか待ちきれないです。しっかりと見届けなくてはいけませんね。



ところで前の話で、マクロスFには、確かにアクエリオンみたいな感じを求めると、
物足りないかもですね。
しかし自分は、あれはあれでさわやかに分かりやすくて良いなと思いました。
そしてアクエリオンは分かりにくいけど、こちらも面白い!
あわせて不動指令の言葉、グリメラさんも書かれていたように今をいきるための言葉に
聴こえ、身に染みてます。

ホント、なんでアクエリオンってあんまりメジャーな取り扱いされないんでしょうね…パチンコ除いて(笑)
2011-06-23 Thu 23:53 | URL | あっきーナ #HfMzn2gY[ 内容変更]
すいません!最後の記事を書くことに夢中になっていてコメント気づきませんでしたm(__)m
たびたびコメントありがとうございます!本当に感謝致します!

> ついにアトランディアに突入しましたね!
>
> アクエリオンは、アポロニアス?!どういうことでしょう!!
> アポロニアスはアクエリオンになって今に残っているのでしょうか。
> 生まれ代わりのアポロがそれに乗っている…不思議だけど、
> それなら自在に操れて当然と納得(^-^)/

アクエリオン = 太陽の翼 = アポロニアスが自らの翼で作った機械天使
アポロ = アポロニアスの生まれ変わり
こういうことになってたんですね。
ちょっと複雑ですが、過去にもいろんなシーンでヒント的なものはあったんですよ!
見返してみたら解ります!
僕も感心しました。

> 前回の話ですが、アポロってホントに頼りになる存在になりましたね!
> ディーバのみんなの前で放った強い言葉、聴いたときアレッ??って思いました。
> なんだか、強くなったと。
> 彼なら、シルビアを救ってくれるのではと…。

そうですよね!しびれましたよね!
彼の成長は見違えるほどですよね。
ディーバに来た時の彼とは全然違う。
何回も合体したからなのか、いろんな想いを共有することが出来て、一回りもふた回りも大きくなった感じです。

> シリウスはとても悲しいことになってしまったのでしょうか…。
> つらいけど、今夜、どうなるのか待ちきれないです。しっかりと見届けなくてはいけませんね。

もう分かったと思いますが、一時は大丈夫でした。
その後は・・・。

> ところで前の話で、マクロスFには、確かにアクエリオンみたいな感じを求めると、
> 物足りないかもですね。
> しかし自分は、あれはあれでさわやかに分かりやすくて良いなと思いました。
> そしてアクエリオンは分かりにくいけど、こちらも面白い!

いやいや、僕の感性がちょっとおかしいだけですよ(笑)
たぶん、アニメファンに聞けば、マクロスFかアクエリオンかと聞かれたら大体マクロスFって言うと思いますよ(笑)(当たり前かw人気がぜんぜん違う。。。)
それだけ河森監督は個性的なアニメが作れるという証明でもあると思いますね。
ちなみに新作の「アクエリオンEVOL」はマクロスよりになるとオフィシャルブログで言っていました。
マクロスとアクエリオンを合体させる気かもしれませんね。
どうなるのか楽しみです。

> あわせて不動指令の言葉、グリメラさんも書かれていたように今をいきるための言葉に
> 聴こえ、身に染みてます。

そうですよね。彼の言葉は真理を突いていると思います。
意味不明な特訓や行動、ありえない身体技術、そして奇抜な言葉。
でも一つ一つが現代社会には必要な要素として感じられてしまう。
最終話の彼の発言なんて僕はお釈迦様に見えましたよ(^^)
ありがたい言葉に合掌でございます。。。

ところで見ればわかりますが最終回のエントリーは何も書きませんでした。これは前々から決めていたことです。
最終回を見れば分かると思いますが「無」そして・・・暖かいです。。。

> ホント、なんでアクエリオンってあんまりメジャーな取り扱いされないんでしょうね…パチンコ除いて(笑)

ホントそこなんですよ!!!何とかしてください!(笑)
それで、一つ疑問というか不思議なことがあるんです。
といっても僕アニメ雑誌のことよくわかんないんですけど、
アクエリオンを調べたくて、そういうアニメ雑誌(ニュータイプとかアニメディアとかもろもろ)をアクエリオン放送時(2005年)のバックナンバーを古本屋をはしごしたりしてアクエリオンに関する記事を探したんですが、全くない。
いや、全くないとは言いませんがほぼない。
あっても1ページくらいの軽い紹介くらい。監督、声優さんのインタビューとかない。
なぜ?
そりゃ放送中視聴率が悪くて人気が無くなったなら分かる。だけど「アクエリオンというアニメが放送開始されます」みたいな特集もない。
そういうもんなのかな。
まるでアニメ雑誌業界干されている感じがした。
それに引き換えつまんない(あくまで僕にとってですよ(^_^;))アニメはこれでもかという特集を組まれている。。。
なんかアニメの裏事情みたいな、派閥みたいなものってあるのかな。
でもマクロスFは初めから特集されていましたよね。まぁこれはもともとマクロスが人気があったからでしょうけど。
アクエリオン七不思議に入れたいな、これは(笑)
2011-06-27 Mon 16:50 | URL | グリメラ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。