スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
奇妙な食卓。
今日もいつものように食卓には千円札があった。

箸、みそ汁、千円札。。。

小皿にお札が丁寧に4,5枚に揃えられていて盛られていた。
盛られていたというか小皿の端と端を繋ぐように綺麗にピンと置かれている。
だけどいわゆるピン札ではなくて大勢の人達に触られたような使い古されている感じはあった。

それを僕より早く起きていたその他の家族は黙々と食べている。

僕は思う。

「なんでこんなまずいものをいつも食べなくちゃいけないんだ・・・。
この紙の質感が口に入れるとザラついて気持ち悪さがいっぱい。特に噛みにくいし。
味は少しの塩分があるがとても毎日食べたいと思わない。
みんなこれをいつも美味しいと思って食べているんだろうか?
それを聞こうとする気持ちはあるんだけど何か聞いちゃいけない暗黙のルールみたいな雰囲気があって聞けない。
でも美味そうな顔はしていない・・・もう慣れたのか?」

こんなことをいつも思いながら義務的に千円札を食べる。
ムシャムシャ・・・。
やはりいつも通りまずい。。。

あぁ、いつまでこれを食べなくちゃいけないんだ・・・。

とここで目が覚める。

最近こういう夢を見た。
何かの暗示でしょうかね。

わからん。
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「はてなブックマーク 最近の人気エントリー」にてこんなエントリーがあった。

ドラえもんがのび太を勝ち組できた理由 - keitaro-news
http://d.hatena.ne.jp/keitaro2272/20100224/1266954158

昔、ドラえもんを見ていて不思議に思っていたことがあります。なぜ、のび太は『勝ち組』になったのかということです。ドラえもんに頼るばかりで自分では何もせず、毎日をダラダラと過ごすのび太が生まれ変わるキッカケがどこにあったのか。今更ながら見直してみると、ドラえもんが行っていたことがまさに『教育』の原点だったのだと思います。


その中で「心に響くドラえもんの言葉10選」というのがあった。
…の続きを読む
別窓 | ブロガーさん | コメント:2 | トラックバック:0 |
【五輪】男子フィギュアスケートJeremy Abbott(ジェレミー・アボット)のプログラム曲
今日何となくバンクーバーオリンピックの男子フィギュアスケート(ショートプログラム)を見ていたら、めちゃくちゃ良い曲が流れていた。

その曲はJeremy Abbott(ジェレミー・アボット)選手の演技中に流れていた。

ギターが何とも言えないほど切なく、美しいトーンを響かせていた。
演技の方はうまくはいかないかったようだけど、音楽の良さは光っていた。(ちょっと失礼かな?)

すぐネットで調べてみると、ビートルズの「a day in the life」をjeff beck(ジェフ・ベック)がギターでカヴァーしていたものとわかった。



自分はギターを弾いてはいるけどジェフ・ベックのことはあんまり知らない。
けどこれはとても良い。
やっぱり老舗のギタープレイヤーはさすがだと思った。

ライブ・ベック3~ライブ・アット・ロニー・スコッツ・クラブ
ライブ・ベック3~ライブ・アット・ロニー・スコッツ・クラブジェフ・ベック

SMJ(SME)(M) 2008-11-26
売り上げランキング : 3741

おすすめ平均 star
starあの年で凄いよ
starこのライブ盤は「素晴らしい」の一言ですね・・・「孤高」という言葉が本当はまる!!
star絶対にDVDを選択すべし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ [DVD]
ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ [DVD]
おすすめ平均
starsシリータのカヴァーだった!
stars開演のたびにワクワクする
stars時間は長いですがストレート感なく楽しめます。
stars傑作中の傑作
stars唯一無二のギタリスト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
幼児と僕。
以前のエントリーでこういう物を書いた。

赤ちゃんパワー感じた時。
http://lunight.blog21.fc2.com/blog-entry-820.html

その第二弾的なことがあった。

TSUTAYAのCDレンタルのコーナーにて。

僕のすぐそばに母親らしき人とその子供らしき人がいた。子供は歩き始めて1、2ヶ月くらいだろうか。まだしっかりは歩けない感じの幼児だった。

母親はじっとCDの棚を見ていて何を借りようか物色していた。
幼児はCDには目もくれず周りをキョロキョロ見ている。

そして、

僕が最下段のCDを小さく屈んで見ているときだった。
母親はそこの棚には借りたいCDは無かったらしく、幼児に向かって、

「行くよ」

と短く言った。

そして母親サッと僕の横を通り過ぎて行った。

だが!

幼児の方はなぜか母親の方へは行かず、僕の斜め横にピタっと静止し僕の顔を凝視している。
僕の顔と幼児の顔の距離は30cmもない。
初めは一瞬目を合わしたが、何となく気まずかったのですぐCDの方に目をやった。

その状態で時間にして15秒ほど経ったろうか。

もう居ても立ってもいられず、私はこころの中で
『おーい母親、早く気がついてくれー。』
と念じた。

その念が通じたのか母親が戻ってきて、

「ほら、行くよ。」

子供の手を引こうとした

と思ったのは僕の願望だったのだろうか?

彼女は子供の手を引こうとしたような素振りをしたのにもかかわらず、寸前のところでまた一人で先に行ってしまった。

なんで?

今確かに引こうとしたよね?幼児の手あるいは腕を自らの手で取ろうとしたよね?
なぜ諦めた?
そんなに子供の自主性を重んじる場面?


僕と幼児の超近距離ちゃんと見た?
すごくない?



僕は途方に暮れた。。。

もうこれは超長期戦になるかもしれないと腹を決めた時、幼児は自らの足をヨチヨチ動かし母親の行った方向へ向かった。。。


なんだったんだろう?


もしかしたら、
以前のエントリーで

こんななんでもない日常の出来事で思うこと
http://lunight.blog21.fc2.com/blog-entry-789.html

みたいな神の啓示みたいな何かなのだろうか?

この親子は何かを伝えようとして僕の前に現れたのだろうか?

神様のポイントは貰えたのかな。
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「NEWS FINE」の佐々木明子さんに惹かれる。
テレビ東京系列とBSジャパンで放送されるニュース番組「NEWS FINE」をよく見る。(15時35分からの)
なぜかというと、これでも個人投資家の端くれなので一応今日の株式市場の雰囲気を知るために見ている。
といってもリアルタイムでは見ていなくてHDDレコーダーで撮って見てる。(LPモード)

その「NEWS FINE」は今年(1月4日)に出演者が変わった。
長らく経済キャスターとして出演していた末武里佳子さんから佐々木明子さんという人になった。

初めはなんか違和感というものがあったが、だんだんと佐々木明子さんの魅力が分かって今は、半分は彼女を見るためにこの番組をみているといっても過言ではないくらい。

その魅力とは彼女の笑顔。

アニメ的な擬態語でいうと「キラっ!」というような感じ。作り笑顔というのではなく本当に楽しくて笑っているような気がする。
でもやっぱりそこは番組の出演者として意識してやっているのだろうけど、それでもあんな笑顔はなかなか意識してできるものではないと思う。
日頃からの心構えだったり訓練の賜物なんだろう。

正直、ルックスは私のタイプではない。
だけどそれを跳ね飛ばすような笑顔にすごい惹かれた。

そのまぶしい笑顔は彼女の天性のものもあるんだろうけど、いろんなことを乗り越えてきた感があるような気がする。

その笑顔なんだけど、一つ思うことがある。

その日その日によって笑顔の度合いを変化させているように思う。
昨日はとびっきりの笑顔見せたけど、今日は大したことないなというようなことがある。
彼女のニュース番組のキャスターというプロ意識はそうコロコロ変わるような感じなのだろうか?と最初はとても疑問に思った。いつもとびっきりの笑顔を見せて欲しいと思っていた。

そう思いながらある時ピンと閃いた!

日経平均株価がマイナスの時は笑顔を抑えている!

そう、日経平均株価が前日終値よりマイナスで引けたとき彼女は笑顔を抑えていたのだ!

うわぁー、そうだったのか!

私はそれに気が付いた時に、自分の考えも及ばない彼女のプロ意識というものに感嘆した。
「NEWS FINE」は経済ニュース番組で結構私みたいな個人投資家が見ていることが多い。
なので日経平均株価が前日終値よりマイナスで引けたということはおそらく見ている視聴者の多くは損を抱えている、あるいは損をした人がいるということ。(まぁケースバイケースだけど)
それを配慮して彼女は笑顔を抑えていたのだ。
損をした人が多いかもしれない中、とびっきりの笑顔はないだろうと彼女は判断してのことだろう。

すごい。只者ではない。

その他、ニュース伝えるときは真剣な顔で笑顔は無し。
ゲストとのトークはとびっきりの笑顔で行うというのが特徴のようだ。

彼女は本当に番組のことを真摯に考えていると思う。
それが窺える一端として彼女の笑顔がある。


テレビ東京_アナウンサーパーク_ブログ_佐々木明子


P.S.
末武さんもこういうことをやっていたのかなぁ?気付かなかったけど。
佐々木さんのメリハリのよさが気づかせてくれたのかなぁ。
別窓 | 著名人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 緑の手紙。 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。